vol.07 お花見とチェリーケーキ

収穫されたワイルドベリー

みなさんこんにちは!岩井製菓ホリデーギフト事業部です。

最近スウェーデン人のお友達ができました。彼は日本に来てまだ数カ月ですが、日本のことを知りたい気持ちが強く、いろいろなイベントに興味シンシン。夏祭りの縁日や花火大会にも顔を出し、お寺や神社にもよく行くそう。

そんな彼からお花見について、不思議に思っていたことを聞かされました。 自然が豊かなスウェーデンでは、バケツを持って森に入って、ブルーベリーやクランベリーを摘むことが休日のレクレーションとして盛んなのだそう。春になって可愛いベリーの花が咲くと、その数ヶ月後に実がなるのをスウェーデンの人々は心待ちにしています。日本人のお花見も同じようなものだとそのスウェーデン人は考えました。

つまり、日本人がお花見を楽しむのは、桜の花が咲いた後、たくさんのさくらんぼの実がなって、収穫を期待するからだと考えたのです。彼はこの話を同僚のスウェーデン人にしたところ、なんと彼も来日当初、同じことを考えたそうです。そしてお花見が盛んなわりには、日本食でチェリーを使った料理がほとんどないことを不思議に思っていたそう。

スウェーデンをはじめとする北欧には、ベリーを使ったスイーツがたくさんあります。なかでもブルーベリーパイやリンゴンベリーのプディングなど、シンプルでオーガニックでな料理は見た目も鮮やかで食欲をそそります。自然との共存に思いを馳せながら本場の伝統的なスイーツを一口食べてみたいものです。

ブルーベリーキャンディはこちら

ホワイトデーギフト一覧はこちら

バレンタインデーギフト一覧はこちら

お中元ギフト一覧はこちら

敬老の日ギフト一覧はこちら

結婚式ギフト一覧はこちら