岩井製菓におけるカスタマーハラスメントに対する行動指針

昨今、世間で耳にする事が多くなった「カスタマーハラスメント(顧客や消費者からの度を超えた、または悪質なクレーム・要求)」。
当社も例外ではなく、年々カスタマーハラスメント(以下、カスハラ)に該当疑わしき事例が見受けられます。

厚生労働省のカスハラに対する指針では、顧客や消費者からの著しい迷惑行為(暴行、脅迫、ひどい暴言、著しく不当な要求等)に対して事業主が行うことの望ましい取組として、 (1)被害者である労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備、(2)被害者である労働者の心身への配慮のための取組及び (3)顧客等からの著しい迷惑行為による被害を防止するための取組が挙げられています。

当社でも従業員の心身・モチベーションを守る為、下記取り組みを実施いたします。

お問い合わせの際に、お客様のご要望を実現するための手段として、社会通念上相当な範囲を超える行為を行うことはご遠慮ください。これらの行為があったと当社が判断した場合、対応をお断りさせていただく場合がございます。

更に、当社が悪質と判断した場合には、警察・弁護士等に連絡のうえ、適切な対処をさせていただきます。

私たちは、取引先業者様や多くのお客様により良い商品をお届けするため日々精進しております。

しかしながら時にはお客様のご期待に添えない商品・サービスを提供する事も起こりえます。 その際は当社の持ち得る最大限の誠意で対応させて頂いております。対応に疑義が生じる場合もございますが何卒ご理解頂き、お客様におかれましてもハラスメント行為にご留意頂きます様お願いいたします。

当社の各サービスを通じてお客様とより良い関係性を築いていきたいと考えておりますので、何卒ご協力いただきます様お願い申し上げます。

制定:2022年11月11日
株式会社岩井製菓 代表取締役 岩井 正和